hoho bun no suimyou

Profile

english


Masao Tonari,a Japanese keyboard player and composer, was born in Hiroshima in 1951.
In 1971,he formed the rock band DATETENRYU in Kyoto who's original style had a great influence on the rock scene at that time.
His compositions contained a combination of many unique elements never heard
in Japanese rock before;mysterious,psychedelic,rhythmical and soulful.

japanese

隣 雅夫(1951年12月11日広島生)は、現在、広島市在住の男性音楽家である。オルガン、シンセサイザー奏者、作曲家、プロデュース。
1971年、彼が京都で結成した実験音楽集団メだててんりゅうモは、その独自な音楽スタイルで当時の日本のロックシーンに大きな衝撃を与えた。幽玄、耽美、サイケデリック、ビート、アニミズム ム 様々な要素を随所に織り込んだ作風は、それまでの日本ロックには見られないオルガン、エフェクトを駆使したオリジナルな新しいサウンドとして高い評価を得た。代表作品は1996年にギューンカセットからリリースした「1971/だててんりゅう」、2000年自己のレーベル「BANANA SONGS」設立。「凪/WPR-1211」、「2001拾徳ライブ/WPR1212」、「レッドアフタヌーンブルース/WPR-1213」、
「クールフライングドラゴン/WPR-1214」、日本国内においてリリース。
2008年現在まで7作品発表(ベルアンティーク/マーキー1997年リリース、 。姫路のインディーレーベルからCDR1976/だててんりゅう1998年リリースを含む)

2007年にソロ活動を開始してからは、さらなる創造を試みる。
彼自身の有する精緻な音感覚を存分に発揮し、透明感溢れる美しい音色で新たな世界を表現するとともに、より強くアンビエント色を打ち出している。

★2007年10月27日、ΝewAlbum『水明/歩歩』(ホホブンノスイミョウ)リリース
・生命の源「水」をテーマに、新たな自由のもとに音が統合する、日本の音楽!
思索的でありながら、パワフル。静と動、温順とクール。
「日本的」でありながら、日本の枠に留まらないインストアルバム。

Copyright(c) 2008 BANANA SONGS RECORDS JAPAN All rights reserved