1979年から81年に書いた詩です。
※くる日もくる日も

遠くを走る電車
忘れかけてた果てない空の
流れる雲に 念いをのせる
あしもと見ると 通り雨に ねれねずみ
自分の影に追い立てられて
家路を急ぐ
昔のこと 懐かしむ 
振り返っても day by day
痩せた大地
2.
だらだらつづく長い坂道
切りくずされた山 苦しげに
赤肌みせて 哀れをそそる
重い山風 俺の中に わだかまり
ふきでる汗をぬぐった手のひら
みつめていると 故郷の海 思いだし
振り返っても day by day
苦笑い
3.
静かに映る都会の夜更け
思い思いのかたちの中で
背中あわせの孤独に生きる
町の灯りが心にしみる day by day
確かなことは 愛を愛して
誇りに生きる 
みすごしそうな白い朝に
振り返っても day by day


1980「凪」wpr-1211/2001「2001拾得ライブ」wpr-1212

※IN THE SKY
.
波うつ町の片隅で ひとつの鎖につながれた
船のように ただよう 君にバイバイバイ
Good bye love In the sky
.
息ずく愛の片隅で 傷つきあって 女が泣いた
夢は醒めて 夢に冷めて Baby In the blue
Good bye baby In the sky

ゆれ動く雲の片隅で翼をひろげて羽ばたいた
鳥のように 道はひとつ そうさバイバイバイ
Good bye city In the sky
.
たゆまぬ日々の片隅でボヘミアンから便りが届く
あるがままに なすがままに 今がその時 そして Bye and bye
Take it up In The Sky


(1981)
アルバム「凪」wpr-1211 収録


※寒い季節

くゆる煙りは青く目に染みて
いろ塗れた空にたむろする。
つらなる山並どこか
寒い季節に凍てつく時間
人を変える。今日を捨てる。人は変わる。

遠く旅立つ君を見送って
静かに横切る交差点
投げ捨てられた吸いがら
空を切る。うつろな街は
人を変える。今日を捨てる。人は変わる。

ゆくてさえぎる風に立ち止まり
ひずむ歩道の水たまり
みつめるまなざし深く
寒い季節に凍てつく時間
人を変える。今日を捨てる。人は変わる。

Change この街は
Change この街で


(1980)
アルバム「凪」WPR-1211,「2001拾得ライブ!」WPR-1212に収録。

※夕映え

窓辺を飾ってうつろう灯り
色ずく町並み 風 みどり
ひととき揺れるせつなさのせて
さまよいながらも夕映え枯れてゆく。
枯れてゆく枯れてゆくゆらりゆらり夕映え

さすらう明日に便りをだして
流れる時間に忘れ物
その日暮らしの都会に生きて
流れ流され 時代は枯れてゆく。
枯れてゆく枯れてゆくゆらりゆらり夕映え

追いこす車にふらりと振り向く
黄昏れ夕映えあかね雲
時計のように速くはないが
止ることなく夕映え枯れてゆく
枯れてゆく枯れてゆくゆらりゆらり夕映え


(1979)
アルバム「凪」WPR-1211収録

※日が暮れて

頭の中からこぼれておちた
まどろみさえも色褪せて
化粧のにおいを水に浸して誰を待つのか
あの人たちはひびわれて
路地裏いつしか日が暮れて

うしろ姿に淡いけだるさ
酔いどれ模様に錆ついて
夕闇引き裂くライムライトはまるで陽炎
あの人たちはひびわれて
路地裏冷たく日が暮れて

ほこりだらけの町並み走る
路面電車の面影消えて夢醒めて
閉ざした窓を染める哀愁
ガラ細工のきらめき魅せて眩しくて
路地裏いつしか日が暮れて

失うものは何もないのに
無口に飽きる不思議な夜は切なくて
眠れぬほどに愛をちりばめ床にあふれる
夢くずひろうときめいて
路地裏冷たく日が暮れて


1979)
アルバム「凪」WPR-1211

top of page

Copyright(c) 2008 BANANA SONGS All rights reserved