通算7枚目のニューアルバム 「COOL FLYING DRAGON」2005.5.5.京都磔磔でのライブ音源を中心に収録。2006.5.25リリース!

▼CDレヴュー
だててんりゅうのアルバムはこうでなくちゃっ!と思うような新譜だ。基本的にライヴ音源を中心にこれまでのアルバムも収録してきた。臨場感、ドライヴ感が
「命」のようなだててんりゅうの真骨頂はまさにライヴで体感できる。『クール・フライング・ドラゴン』というタイトルは、昨年の渡米ツアーの際、シスコの
新聞がだててんりゅうを評して新聞に載せたことばだそうだ。まさに的を射た表現ではないかと思う。クールは冷めたという意味ではなく「かっこいい」とか
「いかした」という俗語表現だが、もし、だててんりゅう=伊達天龍ならば、まさにその通り。

トラック1と2がスタジオ収録であとは磔磔での収録。隣雅夫、井上衛、杉浦正周(『2001拾得ライブ』からのメンバー)と昨年のツアーから参加の田中マロン康彦(ギター)がレギュラー・メンバー。そしてゲストに松田幹夫(「1979村八分西部講堂アンダーグラウンドテープス」、「だててんりゅう/凪」に参加。山口富士夫と比較される伝説のギタリストだ)プログラミングにサンジェゴを本拠に活動する音響派ミュージシャンのマルコス・フェルナンデス。クロマチックハーモニカの世界大会でも優勝経験のある、あらいなおこ。京都、耽美派バンド「ピカリンス」のリーダー、かせはなえ(コーラス)。という面々。
特に松田幹夫は20年ぶりの復帰。そのブルース・ロックをルーツとした演奏は20年というギャップを感じさせない味わいがある。トラック8「OLD SUN 」で松田幹夫のリード・ヴォーカルも聴ける。渋い!隣さんの話ではメンバー的には「京都、京都した和な感じ」ということだが、CDから出てくる音は僕等が70年代に体感し共鳴した、洋楽の影響を受けた和製ロックの凄さ、そして今だからできる繊細なアレンジとの見事な調和だ。荒々しさと繊細さが小気味よく混ざって、音楽好きの心を酔わせてくれる。
隣さんのキーボードはローランドVK7とカーツエルK-2661を多用したとのこと。VK7(オルガン)の音が気持ちいい!

(野田誠司)

ついに、だててんりゅうの新譜がでました!

 まず、今までに無いジャケの鮮やかさにビックリ!

 2曲のボーナス・トラックを入れて53分! 一気に聴き通した。 最初の曲は、まるでギターのような隣さんのキーボが印象的な序曲。 そして、個人的には最も気に入っている「ティアーズ・フォー・ライフ」! このメロディーがこのアルバムのテーマといってもいいくらいに胸に響く。 もしかすると、本当は隣さんのソロ・アルバムに収められるべき楽曲なのかもしれないが、ジャズでもクラシックでも環境音楽でもないインストの良さ。 それがこの曲。 和であり洋である。

 そして、3曲目からはライブ音源となる。 「ナダズジャム」では、待ってましたの、ミッキーさん&マロンさんのツイン・ギター! 永い沈黙を破って、より進化を遂げたミッキーさんのラケンロー・ギターとエフェクトをかましたマロンさんとの絡み合いは、刺激的というより殆ど感動的! 常に変化をしてきただててんりゅうのサウンドだが、こんな展開を誰が予想しただろうか?

 大好きな「日が暮れて」はもうすこしヴォーカルにエフェクト処理をした方がイイように思うのだがこのくらいのスピードが最高。「ハッピィー・ストーン(?)」、そして井上さんのヴォーカルによる「友達の唄」、スライドはミッキーさん! 「希望の丘」はマルコス・フェルナンデスっていう人のアイディアだろうか、”今”を感じられて嬉しい。

 で、問題はボーナス・トラックの、ミッキーさんのヴォーカルによる「ラッキー・オールド・サン」! エェ〜、、、、あの拾得テリーさんの訳詞で、久保田麻琴が唄った名曲がココで、しかもミッキーさんのヴォーカルで聴けるなんて、、、、。 正直、ミッキーさんがこんなに唄えるなんて全く知らなかった。 ギターの人だと思っていたので、、、もう、カッコ良すぎで、、、参りました。 & 最後はついについに「水たまり」! これは、もう誰もが知ってる(?)村八分の超名曲! ヴォーカルは当然、隣さん! 最高! 実は、この「磔磔」ライブの前に隣さんからメールが来て、「水たまり」の歌詞を教えて、、、と(^○^) で、チャーボーの遺稿集から歌詞を書き写してお送りしたのだが、、、、それがCDになるとは、、、、嬉しい限り。

(久米)

ARTIST:だててんりゅう
Title: クール・フライング・ドラゴン 

Track List:

01 ハジメマシテ(1:08 )
02 ティアーズ・フォー・ライフ(3:33)
03 ナダズジャム(11:39)
04 日が暮れて(6:46)
05 ハッピィー・ストーン(8:02)
06 友達の唄(5:48)
07 希望の丘(6:45)
●Bonus Tracks
08 オールド・サン(6:01)
09 水たまり(4:12 )

●total time(53.09)


隣 雅夫(vo.key)
井上 衛(vo.b)
田中 康彦(g.cho)
松田 幹夫(vo.g)
杉浦 正周(drs)
マルコス・フェルナンデス(programming)
かせ はなえ(cho)
あらい なおこ(harm)

Label: BANANA SONGS
Catalog Number: WPR-1214
Release Date Japan: 2006.5.25
Formats: CD
¥2,500(税込)

Band Name/DATETENRYU
Title/COOL FLYING DRAGON
Total Time/53.09
Label/Banana Songs WPR-1214

1.Hajimemashite(Introduction)
Time/1:08
Written by Masao Tonari

Keybords & Programming-Masao Tonari



2.Tears For Life
Time/3:33
Written by Masao Tonari   

Keybords/Masao Tonari


3.Nada's Jam
Time/11:39
Written by Masao Tonari

Keybords - Masao Tonari
Bass - Mamoru Inoue
Guitars - Yasuhiko Tanaka
Guitars - Mikio Matuda
Drums - Masahiro Sugiura


4.Higakurete
Time/6:46
Written by Masao Tonari

Lead vocals & Keybords - Masao Tonari
Bass - Mamoru Inoue
Guitars - Yasuhiko Tanaka
Guitars - Mikio Matuga
Drums - Masahiro Sugiura


5.Happy Stone
Time/8:02
Written by Masao Tonari

Lead vocals & Keybords - Masao Tonari
Bass & Backing vocals - Mamoru Inoue
Guitars & Backing vocals - Yasuhiko Tanaka
Guitars - Mikio Matuda
Drums - Masahiro Sugiura
Backing vocals - Hanae Kase


6.Tomodachi no Uta
Time/5:48
Written by Mamoru Inoue

Lead vocals & Bass - Mamoru Inoue
Keybords & Backing vocals - Masao Tonari
Guitars & Backing vocals - Yasuhiko Tanaka
Guitars - Mikio Matuda
Drums - Masahiro Sugiura
Backing vocals - Hanae Kase
Chromatic Harmonica/Naoko Arai



7.Kibou no Oka
Time/6:45
Written by Masao Tonari

Keybords - Masao Tonari
Bass - Mamoru Inoue
Guitars - Yasuhiko Tanaka
Drums - Masahiro Sugiura
Voice - Hanae Kase
Programming - Malcos Fernandes

※Japanese Bonus Tracks

8.Old Sun
Time/6:01
Written by jittoku Terry

Lead vocals & Guitters - Mikio Matuda
Keybords - Masao Tonari
Bass - Mamoru Inoue
Guitars - Yasuhiko Tanaka
Drums - Masahiro Sugiura
Programming - Malcos Fernandes


9.Mizutamari
Time/4:12
Written by Kazushi Shibata & Fujio Ymaguchi

Lead vocals & Keybords - Masao Tonari
Bass - Mamoru Inoue
Guitars - Yasuhiko Tanaka
Guitars - Mikio Matuda
Drums - Masahiro Sugiura

Produced by Masao Tonari
Engineered by Yoshihiko Kitamura & Masao Tonari
Assistant Engineered by Nobuo Takada(Walking Pless Kyoto)
Mixed by Yoshihiko Kitamura & Masao Tonari
Recorded at Takutaku Kyoto & Walking pless Kyoto & Nando Ko-Bo kyoto & Tonari's Studios Hiroshima
Mastered by Yoshihiko Kitamura & Masao Tonari Tonari's Studios Hiroshima

cd jacket art work : kashihara shinpei
total art work: noriko yamamoto

(P)2006 Banana Songs Corporation for the Japan. All rights rereserved.
Printed in Japan.WPR-1214


Banana Songs
1-31-5 Fujinoki Saekiku Hiroshimashi Japan 731-5103
Tel 082-927-7018 Fax 082-928-3280
E-Mail nagi_ba.yahoo.co.jp



BANANA SONGS/ homepage2.nifty.com/unto/index.html
DATETENRYU/ homepage2.nifty.com/unto/cinema.html
MASAO TONARI/ homepage2.nifty.com/unto/date14.html
YASUHIKO TANAKA/DUB MARRONICS/ www.cafe-independants.com/dub/top.html
MALCOS FERNANDES (U .S.)/ www.marcosfernandes.com/
HANAE KASE/PICARINCE/ www.geocities.jp/itopicari/
NAOKO ARAI/ www5.ocn.ne.jp/~arainao/
YOSHIHIKO KITAMURA/CINEMA/www.glass-theater.com/cinema.html
NOBUO TAKADA/SHIRAKAWA/www.eonet.ne.jp/~airz/go_sirakawa.html
NORIKO YAMAMOTO/ yamamoto.nori.net/
SHINPEI KASHIHARA/ www.cu-i.jp
TAKU TAKU/ geisya.or.jp/~takutaku/
NANDO KO-BO/www.h3.dion.ne.jp/~airz/
GOOD LOVIN/ www.eurus.dti.ne.jp/~goodlov/




top of page

Copyright(c) 2001-2008.BANANA SONGS All rights reserved