Title:urawa rock'n roll center LIVE!
BEST SELECTION 1973-83

URCに残る70〜80年代の大量のライヴ音源から、
そのハイライト部分をよりすぐったオムニバス盤。

Track List
01 ライトハウス(四人囃子)
02 鬼の唄(だててんりゅう)
03 バナナ(だててんりゅう)

04 風来坊(キングコングパラダイス)
05 Papa's Got A Brand New Bag
     (キングコングパラダイス)
06 サマータイム・ブルース(子供ばんど)
07 浚渫/ Salvage(PANTA)
08 欲望/Desire(PANTA)
09 けだるい(安全バンド+四人囃子)
10 きめてやる今夜(内田裕也)
11 コミック雑誌なんか要らない(内田裕也)


※収録時間約70分
Label: CARAWAY RECORDS
Catalog Number: CARA-3019
Release Date Japan: 2006.7.25
Formats: CD
¥2,800(税込)

「だててんりゅう/鬼の唄 バナナ」

 1977年9月15日、田島ヶ原野外フリーコンサート。
この2曲を聴いて一番初めに感じたことは、「世界に通じる音」、
そして「言葉は調べれば理解できる」ということ。

 「世界に通じる音」 ロックというフォーマットを使用しながら、
日本=和 のエッセンスを導入するという方法論。 遠い昔から現在にいたるま
で、無数のバンド、人がこのことにチャレンジしてきたはずだ。 そして、
言うことは簡単だが、実はこれが最も難しい。 実際のところ、だててんりゅう
を聴くまでは、日本にはそんなバンドは無いと思っていた。
 高橋竹山の三味線は世界に通じただろう、ある種の雅楽は世界に通じるだろ
う、阿部薫のサックスや山下洋輔のピアノは世界に通じただろう。
しかし、ロックというフィールドで恐らく現在までその可能性を見たことは無
かった(アプサラスは残念ながら聴いたことが無い、、、)。
 日本でロックと言えば、その殆どがアメリカ、ヨーロッパのバンドの猿真
似。 よく言ってもコピー。 山内テツのように向こうのバンドに入って音を
創るのであれば全く問題無い。 だが、それは西洋のバンドの音で、日本人の
バンドでは無い。 ダモ鈴木にしてもそう。 フラワー・トラベリン・バンド
、、、、石間秀樹のギターはシタールを模倣したモノで、オリエンタルなら
日本かと言えばそうでは無く、あくまでインド。
 77年のだててんの演奏は確かに若い。 巧いバンドなら同時代にだって他に
幾らでもあっただろうが、出てる音の種類が全く違う。 次元が違うと言っても
いい。 隣さんのオルガン、キーボを軸に、井上さん&杉浦さんの最強リズム
セクション! 西峰さんのギターに現在のエフェクトがあったら(時代的に
無理は承知で)、どんなコトになってしまうやら。 兎に角、最強の音!
唯一無二の音。

 「言葉は調べれば理解できる」 だててんりゅうの唄は日本語。
言い古された表現を使えば「日本語のロック」。 僕はずっと世界を見るなら
「英語」で歌わないと意味が無い、という馬鹿げた妄想を持っていた。
だから、ジョー山中や金子マリの英語の発音がもう少しどうにかなれば、、、
何ていうコトを真剣に考えている時期があった。
  しかし、冷静に考えてみれば世界中の人達が、アメリカやイギリスの
「英語」で歌うバンドを聴いて、どれだけの人がその言葉を理解するか?
アフリカン・アメリカンのRAPを聴いて1曲のうちの10分の1でもヒアリ
ングできる人がどれだけいるか? そう、「英語」である必要は全く無いのだ。
いや、逆に「日本語」のイントネーションこそが面白い。
 脳の無い日本人RAPやサウザント(1000?)・オールスターズがつまらない
のは、英語のイントネーションで日本語を使うから。 しかし、隣さんのヴォ
ーカルはネイティヴなのだ。 日本語を日本語のイントネーション、メロディで
唄っている。 これでなければ何も意味が無い。
 また、隣さんの書く詩は、確かに深いしわかり辛い。 日本人でもそのニュア
ンスさえ理解することは大変なことかもしれない。 だが、「言葉は調べれば理
解できる」のだ、ある程度は。 だててんの歌詞カードを辞書をひきながら理解
しようとするアングロサクソンやアフリカン・アメリカン。

 それにしてもこの2曲の隣さんのヴォーカルは凄まじい! 鬼になり、般若に
なる。 かといって、完全なストロング・スタイルかというとそうではない。
1から10までパワーで押し通すスタイルが全盛の時代に、どこか「スカシ」
が入ってくる。 「爆発と緩和」、理想的だ。

 「世界に通じる音」にノル「ネイティヴな日本語詩」。

 当然のことながら、必然、必聴。
(Kume2006)
TITLE:COOL FLYING DRAGON

Track List:

01 ハジメマシテ(1:08 )
02 ティアーズ・フォー・ライフ(3:33)
03 ナダズジャム(11:39)
04 日が暮れて(6:46)
05 ハッピィー・ストーン(8:02)
06 友達の唄(5:48)
07 希望の丘(6:45)
●Bonus Tracks
08 オールド・サン(6:01)
09 水たまり(4:12 )

●total time(53.09)

Label: BANANA SONGS
Catalog Number: WPR-1214
Release Date Japan: 2006.5.25
Formats: CD
¥2,500(税込)

ついに、だててんりゅうの新譜がでました!

 まず、今までに無いジャケの鮮やかさにビックリ!

 2曲のボーナス・トラックを入れて53分! 一気に聴き通した。 最初の曲は、まるでギターのような隣さんのキーボが印象的な序曲。 そして、個人的には最も気に入っている「ティアーズ・フォー・ライフ」! このメロディーがこのアルバムのテーマといってもいいくらいに胸に響く。 もしかすると、本当は隣さんのソロ・アルバムに収められるべき楽曲なのかもしれないが、ジャズでもクラシックでも環境音楽でもないインストの良さ。 それがこの曲。 和であり洋である。

 そして、3曲目からはライブ音源となる。 「ナダズジャム」では、待ってましたの、ミッキーさん&マロンさんのツイン・ギター! 永い沈黙を破って、より進化を遂げたミッキーさんのラケンロー・ギターとエフェクトをかましたマロンさんとの絡み合いは、刺激的というより殆ど感動的! 常に変化をしてきただててんりゅうのサウンドだが、こんな展開を誰が予想しただろうか?

 大好きな「日が暮れて」はもうすこしヴォーカルにエフェクト処理をした方がイイように思うのだがこのくらいのスピードが最高。「ハッピィー・ストーン(?)」、そして井上さんのヴォーカルによる「友達の唄」、スライドはミッキーさん! 「希望の丘」はマルコス・フェルナンデスっていう人のアイディアだろうか、”今”を感じられて嬉しい。

 で、問題はボーナス・トラックの、ミッキーさんのヴォーカルによる「ラッキー・オールド・サン」! エェ〜、、、、あの拾得テリーさんの訳詞で、久保田麻琴が唄った名曲がココで、しかもミッキーさんのヴォーカルで聴けるなんて、、、、。 正直、ミッキーさんがこんなに唄えるなんて全く知らなかった。 ギターの人だと思っていたので、、、もう、カッコ良すぎで、、、参りました。 & 最後はついについに「水たまり」! これは、もう誰もが知ってる(?)村八分の超名曲! ヴォーカルは当然、隣さん! 最高! 実は、この「磔磔」ライブの前に隣さんからメールが来て、「水たまり」の歌詞を教えて、、、と(^○^) で、チャーボーの遺稿集から歌詞を書き写してお送りしたのだが、、、、それがCDになるとは、、、、嬉しい限り。
(Kume2006)
Title: Red Afternoon Blues

Track List:
01.In:tro(5.41)
02.BANANA SONG(5.44)
03.褪せた色あい(4.35)
04.こんな日は(6.04)
05.くろかみ(5.54)
06.Red Afternonn Blues(3.28)
07.MOON SHAKE(4.05)
08.毘沙門堂の風景(10.30)
●total time(46.30)

Label: BANANA SONGS
Catalog Number: WPR-1213
Release Date Japan: 2004-1-20
Formats: CD
¥2,500(税込)

DATETENRYU is the underground rock group of Japan which will be formed
in Kyoto in 1971, and also continues still more energetic activity now. This
is the album in which the sound source which they recorded in 77 years, 78
years, and 81years, was mentioned. They are unpublished and were considered
as treasuring. The sound source of the live concert in Kobe is mainly
recorded in 1978.They are the tambourine sounds which a satire and abusive
language wove everywhere, were mixed and were twisted to the twist!They of
those days were individual like now, and original.
And they had the powerful performance style with which speediness
overflowed. A total of eight music of their music is recorded on this album.

1978年神戸でのライブ音源を中心に,諷刺,悪口雑言を随所に織りまぜながらひねりにひねったタンバリンサウンド!当時の彼等のオリジナリティー溢れる独創的でスピード感溢れる演奏スタイルが収録されてます。2004年リリース。

77〜1978年に録られたライブ・テープ&1981年のスタジオ録音の全8曲。イキナリの、ベース&タイコのソロで、「おっ!」となる。その後、5曲目まで続くのはパンキーな楽曲。
そして、タイトルともなっている6曲目の「RED AFTERNOON BLUES」は、もろザッパ! 勿論、「UNTO」と「凪」の橋渡し的な感じは否めない。
しかし、それはこのアルバムが最後に出たからわかることであって、このアルバムだけを聴いた人は、「だててん」=「村八直系のパンク・スピリット溢れるロック・バンド」、という印象を持つのではないだろうか。ココでの隣さんのヴォーカルは、もう完全に箍が外れていて、若いというか、やっぱりイイ! 村地さんのお定まりサックスもエフェクト(ブラジル・サックス?)がかかっていて、何となくホノボノとさせられる。「時代の音」と言えば、それまでなのだが、このアルバムで「だててん」の流れが少し明確になったというコトからすれば、貴重な音源であることは確かだ。
 そして、何より、このアルバムの主役は杉浦さんのタイコであろう! 普通のロック・バンドにこんな上手いタイコはいないし、きっと必要も無いのかもしれない、しかし、「だててん」には、こんなタイコを必要なのだっていう気がする。
 最後の「毘沙門堂の風景」は、モリ・イクエのプログラミングが似合いそうな感じのシンセ・ソロで、実は、このアルバムで一番気に入っている曲かもしれない。
(kume.2004)

Title: 2001 拾得 ライブ! 

Track List:
01 東福寺(08:25)
02 寒い季節(07:52)
03 拾得(01:09)
04 NADA(10:48)
05 11月25日(00:48)
06 ジャックを待ちながら(05:32)
07 くる日もくる日も(10:52)
●total time(43.66)

Label: BANANA SONGS
Catalog Number: WPR-1212
Release Date Japan: 2003.4.20
Formats: CD
¥2,500(税込)

DATETENRYU of Japan is the leader of the Kansai undershirt grand rock
scene which will continue activity from 1971. This is the live album which
has stored the pattern of the live performed for the first time in 18 years
since the 1983 stop [ activity ]. It has recorded in November, 2001 in Kyoto
< JUTOKU >. They are seven music including the session which mixes Yoshiaki
Kato (MURAHACHIBU). The rock sound with the large scale which carried
out intension even of the psychedelic , progressive, and blues will not be
found in others now. Yuasa Gaku and Seiichi Yamamoto also comment such.

2001年11月25日に京都,拾得にて,1983年活動停止以来,数十年ぶりにおこなわれた「だててんりゅう」のスーパーライブを収録しました
2003年にリリース。

京都「拾得」で収録されたライブ・アルバム!恐らくこれこそが、僕の待っていた「だててんりゅう」なんだと思う。井上さん&杉浦さんのリズム・セクションにオルガン&シンセ、そして隣さんのヴォーカルが乗る。大好きな「日が暮れて」や「フォギーデイ」が入っていないコトに始めは少し”ん?”って思ったが、「寒い季節」と「くる日もくる日も」の隣さんの声&唄を聴いて、正直なところぶっ飛んだ!渋みとか凄みとかいった単純な言葉ではあらわせない程のインパクトがあった。
 このアルバムに収められた「だててんりゅう」の音は、もうロックだとか、日本語だとか、プログレだとか、ジャズだとかいったそんなありきたりなモノを遥かに超越してしまっている。このアルバムのインスト曲「東福寺」や「NADA」を聴いていると、このグルーヴや演奏は永遠にループして終わることなど無いのではないか、という幻覚に見舞われる。最好調時のジャコ率いる「ワード・オブ・マウス」を思わず連想せる井上さんのベースは、やっぱり完璧だし、隣さん&光森さんのキーボードは様々な色や情景を目の前に展開してくれる。
 このアルバムを聴いて、その日の「拾得」の様子は全く想像ができない。「東福寺」が始まったとたん、僕は幻想の荒野を彷徨いはじめる。6曲目、ゲストの加藤さんの「ジャックを待ちながら」でふと現実に引き戻され、しかし、「くる日もくる日も」を隣さんが唄いだすと、再びワンダー・ランドへとトルネード・コーク・スクリュー・ドライブしながら舞い落ちていく。メンバー紹介になってやっと我を取り戻した時には、世界一短い45分44秒のミラクル・トリップは終了となる。
 そして、全ては「迷わないさ!」と自分自身に言い聞かせるかのように唄われる”言葉”にたどり着く。もう、今の「だててんりゅう」には”伝説”も”幻”も”最長”も全く必要ではない。
 敢えて言っておこう、「だててんりゅう」こそが”音楽”なのだ!”音を楽しむ”という素晴らしい情況を与えてくれる”宝箱”だ!
21世紀、この最高に素敵なアルバムが無事発売されたという”事件”に感謝したい。
(Kume2003)

Title: 凪(NAGI)

Track List:
01.ONE NITE (6.07)
02.寒い季節 (6.24)
03.LOVE SONGS)5.27)
04 夏の日(3.11)
05.日が暮れて (7.22)
06.夕映え(4.23)
07くる日もくる日も(6.24)
08.IN THE SKY(5.44)
◎Bonus Track
09.日が暮れて/別バージョン(5.07)
10.凪 (6.44)
●total time(55.33)

Label: BANANA SONGS
Catalog Number: WPR-1211
Release Date Japan:2000.10.8
Formats: CD
¥3,000(税込)

2000年,自主レーベルBANANA SONGSから初リリースされた81年ライブを中心に構成されたアルバム。

未発表音源の中で3枚目にあたるこのアルバムでは,ライブ,スタジオ録音を取り混ぜた79年〜83年までの後期のロック色の強いブルージーなサウンドが聞こえてくる。
当時の関西,特に京都のロック・シーンの中で後にボガンボス,現在は佐野元春と活動中のKYON(ピアノ),後にローザルクセンブルク,スターリン,ルースターズなどで活動する三原重夫(ドラムス),元スラッシュ,79年村八分再結成に参加した松田幹夫(ギター)の他では聴けない貴重な演奏
が収められており音楽素材を京都の濡れた風土にこだわりつづけ,R&BR&R,レゲエ,の要素を楽曲に取り入れながら削れるものは,すべて削りとった感のある演奏を繰りひろげている。リーダー隣雅夫のキーボードプレイは79年村八分とのセッションから生まれた節のある5曲目「日が暮れて」のイントロブルースピアノソロ!アルバムのテーマでもあ「凪」今アルバム唯一のシンセサイザー・ソロライブを披露している。
(dragon freek2000)

Title: 1976

Track List:
01.電車
02.Weeping Bird
03.つむじ風
04.あと10分
05.心のゆくえ
06.燃え墜ちて 
07.つむじ風
08こんな日は
09.Weeping Bird
●total time(65.44)

Label: ハローグッドバイ
Catalog Number:HGM-10002
Release Date Japan:
2000.9.2
Formats: CDR
¥1,500(税込)

1976年イオキベクニヒコをメインヴォーカルに迎えてのライブ音源。2000年にハローグッドバイよりリリース。

同時代を同じようなことをして生きていた人間として、口では言い表せない、あの頃の空気、冷房のきかないライトエースに積まれたアンプの臭い、汚く狭いライブハウスの楽屋、紫煙 に包まれた客席、メンバーとの激しい議論、ただ闇雲に突っ走るだけの日々-----------
でも、それは決して、ただ懐かしいといったものではない。あの頃、確かに存在していた、現実だった。だててんりゅう、最高だ! 絶対聴くべし。あの頃ロックをやってた奴は、みんなこうだった。 こういう音楽を「ロック」と言ったのだ。チューニングの合ってないギター、 割れたオルガン、怒鳴るような歌。日本ロックの傑作。       (難波弘之2000)    

1976年7月。走行距離18万Kmを超えた5人乗りのライトエースを借りてきた。
女より大切な楽器とアンプを詰め込んで、白と黒のゼブラ模様のそいつとのハードな夏が始まる
メンバー4人とマネージャーの五条さん、印度から帰ったばかりで京都に遊びに来ていた梅ヶ丘のラビット君の6人が乗り込むと、ゼブラは悲鳴を上げながら走り出す。
雷の洗礼を受けた福井大学の学祭を終え、夜の闇の中ハイウエイを東へ走った。
バンドは最低の状態だった。3日前にギターの三須磨 大成が抜け、サウンドは変わっていた。
京都を出てから旅が終わるまでの事をよく思い出せない、覚えていない。
煙で充満したゼブラと流れ去るオレンジの光、朝に向かって走っている事以外。
高円寺「次郎吉」、三ノ輪「モンド」、渋谷「屋根裏」、呪われたギグはドラムのスネアの皮が破れ始まる。
アンプが鳴らない日、キーボードのテープエコーが効かない日、
ジーンズのジッパーがぶっ壊れて全開になりギターで隠しながら演った日。
梅ヶ丘から逃げるように京都へ帰った。
高速でお巡りに止められた。「もっと速く走れ。」冗談じゃない。
アクセルは京都を出たときからずっと全開なのに。
ひとかけらのキャベツとカルピス1本でしのいだ夏22才、Soulful...
隣さん、ひろしに捧ぐ 
(きべ2000)
LINK→だててんりゅう1976

Title: UNTO

Track List
01.東福寺(8.39)
02.ベースボールゲーム(15.28)
03.ソフト(12.08)>
04.UNTO(13.21)
05.FOGGY DAY(3.51)
total time(52.42)

Label:ベルアンティーク/マーキー
Catalog Number:
ELLE-97370
Release Date Japan: 1997.6.25
Formats: CD
¥3,000(税込)

78年神戸でのライブ3曲,82年スタジオ1曲,75年京都でのライブ1曲の構成。
1997年ベル・アンティークよりリリース。

1975〜1978年に録られたライブ・テープ&1982年のスタジオ録音。5曲中インストが4曲というテーマ&インプロヴァイズ中心の楽曲を集めたアルバム。プログレッシブ・ロックというものをほとんど聴いたことのないアメリカンボケな私が感じるインスト曲の印象は、60年代後半のマイルス・グループ、マハビシュヌ・オーケストラあたりに近いように思う。そして、ここでのハイライトは現「だててんりゅう」のギタリストである西峰さんのプレイ!特にカッティングの鋭さ&ノリは最高だ!また、昔京都のいろんなバンドで聴いた村地さんのサックスも確かにJAZZ的過ぎるのだがそれなりによく楽曲にマッチしているし、隣さんのオルガン、キーボードは自由自在にその空間を跳び廻っていて非常に心地よい。井上さん&杉浦さんはいつもどうり完璧なコンビネーションで何も言うことはない。
4曲目の「UNTO」だけが少し年代が古いので他曲とは若干ニュアンスが違う、この曲は真にプログレっぽいのかも知れない。最後のヴォーカル曲「フォギーデイ」は82年とあって上記の「凪」に収められていても不思議ではない曲で、これまた素晴らしい詩&サウンドでここにはゲスト参加として現「だててんりゅう」の光森さんがキーボードで参加している(スタジオ録音)。インストモノの場合、私がよく聴いてきたのがJAZZ、FUSION系なのではっきりいってちゃんとした理解ができているかほとんど曖昧なのだが(まぁ、聴く側はどんな風に感じてもイイわけだが)、演奏はとにかく凄いし、1つ1つの音に意味があり、とても力を持っているということだけはわかる。
kume(1997)

Title: 1971

Track List
01.ぶっこわれた僕 (4.10)
02.春げしき (10.08)
03.泥まみれ (26.12)
04.Part-4 (3.58)
05.あぶくの味 (8.34)
total time(52.22)

Label:ギューン・カセット
Catalog Number: CD95-06
Release Date:Japan:
1996.10.25
Formats: CD
¥2,200(税込)

1996年ギューン・カセットからリリースされた初期だててんりゅう71年〜73年のスタジオライブ音源。

ディストーション・オルガンと当時のエフェクトを駆使した隣雅夫のロックスピリッツに溢れ縦横無尽に疾走するアクティブなプレイは驚異の一言!特に目をみはるのは,アナログテープエコーとファズを使った独自の奏法は創意と工夫が感じられ,よりいっそうのオリジナリティーを高めている。サウンドは8ビートを基本に変拍子をちりばめながら,とどまることのない音の洪水。極限状態のバンドの一体感,緊迫感がひしひしと伝わってくる。遊びの部分も随所に感じられ,キングクリムゾン,ELP,レッドツッペリンを茶化したようなフレーズ,リズムワークなど当時の時代背景を垣間みることができる。重低音が響きわたるパワフルなドラミングの中村よしたかと変幻自在な楢崎ひろしのワイルドベースが作り上げるダイナミックな躍動感は楽曲を熱く盛り上げている。
詩的部分は楢崎ひろしが醸しだす幽玄でストレンジな狂気を含んだ日本語の唄,いとも簡単にビートに乗ってグルーヴしまくる彼の叫びは必聴!今アルバムの中で唯一のバラード「あぶくの味」は70年代彼等が残した現代社会に放つ痛烈なメッセージである。
(dragon freek1996)

top of page

Copyright(c) 2001-2008.BANANA SONGS All rights reserved